三毛姐のブログ


ファッションと猫とカフェ。丁寧なライフスタイルを目標に。
by 三毛姐
メモ
このブログに掲載されている画像、写真、イラストを無断で使用、転載することはご遠慮ください。
カテゴリ
日々のこと
スタイリング
◇ララとキキ
 |キキとの出会い
 |ララキキ動画
 |猫用ツール
 |ヘルスケア
◇食べること
 |カフェ
 |家カフェ
 |ラテアート
◇ファッションのこと
 |心躍るアイテム
 |アイテム棚卸
 |秋冬計画
 |色のこと
 |靴・バッグなど
 |ジュエリー・小物
◇旅行
◇ぜひもの
 |器
 |古き良きもの
 |ビンテージ広告
◇美容・健康
検索
最新のコメント
おはようございます♡ ..
by cyr at 09:29
cyrさん、こんばんは♡..
by mikeneisan at 22:54
こんばんは♡ 二人揃っ..
by cyr at 22:50
cyrさん、おはようござ..
by mikeneisan at 08:24
sadaさんの素晴らしく..
by cyr at 21:37
最新の記事
通り過ぎていた合歓の木
at 2017-06-28 08:30
仲良し二匹組
at 2017-06-27 08:30
透明感を引き寄せる
at 2017-06-26 08:30
週末スタイル
at 2017-06-25 18:00
チーズトーストとピアス事件
at 2017-06-24 11:30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
記事ランキング
画像一覧
外部リンク

通り過ぎていた合歓の木

実物の合歓の木を見た事がないまま、『パルファン サトリ』さんで購入したお気に入りの「合歓」という香水。

良く通っていた道に、まさかの合歓の木がありました。あまりに立派な大木のため、頭上で咲いている花に全く気づかないなんて...。

先日、ふとした拍子に植物の科目の話題になり、「これってマメ科だよね」と相方さんが指差す視線のずっと先に、ピンク色のフワフワとした花がついているではありませんか。思わず『あっ』と声を上げてしまいました。

c0329790_08401190.jpg


花は終わりに近づいているように見えますが、合歓の花を楽しめる場所がわかり、嬉しい驚きでした。

今回の事で、日常の周りのものを、如何にボンヤリとやり過ごしているかを思い知らされました。まるで何かのフィルターをかけて、見えるものを勝手に取捨選択しているようなものです。あーもったいない。

ずっとそこにあるのに、意識して観ようとしなければ何も入ってこないのですね。これからは、たまに上を向いて歩いてみようと思います。

# by mikeneisan | 2017-06-28 08:30 | 日々のこと | Comments(0)

仲良し二匹組

窓の外を眺めているのが大好き。週末は、仲良く窓辺で並んで座っている光景が見られました。

c0329790_21550488.jpg


ところどころベッドカバーのパイル生地がボサボサになっているのは、ララが爪とぎをするからです。

ララは繊細に引っかかる生地が好きですが、それとは対照的にキキは麻縄やスノコ板など、粗めの材質が好き。それぞれ爪とぎ材の好みが違うのも、個性ですね。


# by mikeneisan | 2017-06-27 08:30 | ◇ララとキキ | Comments(3)

透明感を引き寄せる

あちこちのコスメカウンターでアイシャドウの色みを試すと、グリーンやブルー系よりも赤みのあるアイシャドウの方がしっくりくる事を実感。やはり、ピンクメイクは間違っていなかった。riccaさんの観察眼に脱帽です。

c0329790_08292876.jpg
キッカ ミスティック パウダーアイシャドウ
(12 ラベンダーウインク)


ピンク系を探しましたが、CHICCAのピンクはスモーキーなピンク。仕上がりのイメージが少し違っていたので、赤系を少しだけ含むパープルを選択しました。

目元に透明感が生まれて良い雰囲気。しかもササっとワイパー塗りするだけでそれなりに仕上がるため、毎日手が伸びるお気に入りとなっています。

最近は、このアイシャドウにFASIOのパワフルカールマスカラ(ボリューム)で済ませています。強力なカールキープ力と、下瞼にマスカラが全く落ちないウォータープルーフの威力を知り、お湯で落ちるタイプに戻れなくなりました。

クレンジングにはリムーバーが必要ですが、そのひと手間を惜しいとは思わないほど...。私の塗り方が悪いのか、ボリュームはあまり出ませんが、とにかく落ちないのが何よりも嬉しいです。(ちなみにほかのウォータープルーフを試した事がないため、良し悪しを比較できるものがなく、すみません)

# by mikeneisan | 2017-06-26 08:30 | ◇美容・健康 | Comments(4)

週末スタイル

今日は目的があって街まで出かけてきました。梅雨の蒸し暑さには辟易しますが、木々たちはとても瑞々しく生き生きとしています。

c0329790_13012860.jpg
LA FONTANA MAGGIOREA
HUMAN WOMAN、HIROFU、PHILIPPE MODEL


湿度の高さに、長袖もよりも半袖!ということで、2年前のLFM半袖カットソーを手に取りました。地厚でシルエットが崩れないため、合わせるボトムスによっては、もっときちんと感も出せる便利アイテム。ネイビーと色ち買いして正解だったトップスです。

あと一週間で7月に突入。もう一年の半分が過ぎてしまう事に、若干の焦りを感じています。

# by mikeneisan | 2017-06-25 18:00 | スタイリング | Comments(6)

チーズトーストとピアス事件

毎日食べたらカロリーよりも脂質が気になります。しかし、本格チーズトーストの魅惑には抗い難く。

c0329790_09215878.jpg


ちゃんとしたチーズを使ったチーズトーストはやっぱり美味しい。黒胡椒の香りが効いています。カフェラテはふわふわのフォームミルクがたっぷり。札幌に来ているのだから、たまには良いですよね。

さて、ピアス事件のこと。

左耳のピアスがついていない事に気づいたのは会議中。真っ青になって、札幌に着いてからの行動を思い起こします。会議後にその跡を辿るようにチェックしましたが、見つからず。

しかし、そもそも付いている事を意識していなかったから、朝からピアスがついていたのか疑わしい。夜遅く家に帰った相方さんから、キャッチのついたピアスの画像とともに『部屋に落ちていたよ』のメールをもらったのは、日付が変わる直前でした。

どうやら、ピアスを耳の穴に入れたつもりでキャッチをつけ、拠り所のないピアスはあえなく床に落ちたという、何ともアホな事をしでかしたようです。ちゃんと鏡を見ながらつけようと猛反省した昨夜でした。

そんな事もあったせいか、昨日は全く寝つけませんでした。とにかくホテルのベッドが硬すぎます。結局、布団を縦に折りたたんで、半分を身体の下に滑り込ませ、ミノムシのように寝ました。まるで、キャンプの寝袋です。きっと機内では爆睡間違いなし。

これから帰路に着きます。


# by mikeneisan | 2017-06-24 11:30 |  |カフェ | Comments(8)

2年前のキキ

ソファの背もたれでキリリとポーズを取っているキキは2年前の頃。小さな頃からカメラ目線です。

c0329790_17560058.jpg


幼い顔立ちですが、意思の強さが滲み出ています。この頃から臆病な性格も変わりません。




# by mikeneisan | 2017-06-23 08:30 | ◇ララとキキ | Comments(2)

贅沢朝食

エッグベネディクトの朝食。贅沢ランチ価格でしたが、納得です。カフェラテがつけばさらに完璧!

c0329790_21372643.jpg


サイドディッシュは、麦ご飯にパクチー少量が入ったビネガー風味。サルサソースで和えてあると言った方が適切なかもしれません。美味しい♡^ ^

-----

朝から夏のような空気。暑くなりそうですね。最近は半袖カットソーばかり登場しています。湿度が高くジメジメと肌にまとわりつく一番苦手な季節です。



# by mikeneisan | 2017-06-22 08:30 |  |カフェ | Comments(7)

色分類(ネイビー編)

ネイビーは大好きな色。一時期、ネイビーばかりを選んだお陰で、アイテムの着回しがとても楽になりました。

しかし、ネイビーが揃ってくると、ある事実に気がつきます。全身ネイビーでコーディネートすると、とても違和感を感じる時があるのです。これがネイビーの持つ「色みの違い」であると気づいたのは、色にこだわり続けるLFMでのネイビーの色表現でした。

「赤みのネイビー」「緑みのネイビー」

ネイビーとひとくちに言っても、赤みがかったネイビーとグリーンがかったネイビーでは、色みの差が結構あります。自然光でなければ気づきにくいネイビーの差。同じ「ネイビー」だからと気軽に合わせると、外に出て太陽の光を浴びた時に、「あれ?とても変!」になってしまう要注意の色です。

そんなネイビーの色を分類しました。左側が「赤みのネイビー」右側が「緑みのネイビー」です。青に赤を混ぜると、だんだん紫に近づきます。その中の「赤み」が感じられるのだと思います。

一方で、「緑みのネイビー」は緑を足していくと青緑とかピーコックグリーンなどと呼ばれる色に変化していきます。ネイビーの中に、緑が潜んでいるのは、このようにネイビーを並べると良く分かりますね。


c0329790_10230412.jpg


試しに、青みのネイビーと緑みのネイビーのパンツ同士を入れ替えてみました。特に左側は、お互いの明度が高いせいか、とても違和感を感じます。

c0329790_10230450.jpg


パンツを元に戻してみると、色みに統一感が出て、しっくりきました。

c0329790_10230510.jpg


実は、明るい部屋でネイビーを分類したのは今日が初めて。それぞれのアイテムの色みが分かったので、今後「あれっ?」は、なくせるはず。

# by mikeneisan | 2017-06-21 08:30 |  |色のこと | Comments(4)

眠いのだ

暑いのか、テーブルにデンっと座っているキキ。あまりに堂々と座っているため怒る気になれず、そのまま見ていました。


「キキ、キキ〜♪」
c0329790_21253682.jpg



何だよ、も〜。
c0329790_08251936.jpg


僕は眠いのだ...。
c0329790_08252080.jpg


今日は暑くなりそうです。カットソーにコットンパンツ、スニーカーを合わせたらカジュアルダウンし過ぎました。失敗、失敗。


# by mikeneisan | 2017-06-20 08:30 | ◇ララとキキ | Comments(2)

スキンケア見直し中

冬に受けた眉デザイン講習をきっかけに、ひとつ嬉しい変化がありました。それはスキンケアのこと。

riccaさんと日頃の肌のお手入れ方法についてお喋りをしているときに、私の肌の様子を見て『朝の洗顔をやめてみては?』というアドバイスをいただいたのです。化粧水も、水とグリセリンだけのような、ごくシンプルなものが良いとのことでした。

洗顔をやめるというのは、洗顔料を使わずに「水」だけで顔を洗うということ。美肌の持ち主からは、良く聞くお話ですが、若い頃からニキビに悩み、今だにオイリーに傾きがちな私の肌には、縁のない洗顔方法だと思い込んでいました。

riccaさんのお人柄や、長年の経験に裏付けられた言葉を信じて、素直にトライしてみようという気になり、眉デザインに行った翌日から始めました。

水洗顔は朝のみ。夜はメイクを落とすため、クレンジングをしてから洗顔フォームを使います。

水洗顔はいたって簡単で、32℃程度の「ぬるめの水」で洗顔してから化粧水で保湿するだけ。洗顔自体は、1分かからず終わります。水道の蛇口から水をすくいながら、おでこ周辺〜顔の中心〜顎周辺と、数回ずつパシャパシャパシャ。もちろん皮脂は落としきれないので、ペタペタします。この皮脂を残す事が大事なのだと思っています。

朝の洗顔を変えると同時に、以前から気になっていたスキンケア商品をトライアル的に使い始めました。10年来ずっと使ってきたスキンケアを変える事には勇気が要りましたが、何となく直感が働いたのです。

c0329790_12054255.jpg


化粧品評論「かずのすけ」くんプロデュースの化粧品。賛否両論あるかもしれませんが、化学の視点から化粧品を読み解く話は、嫌いではありません。

彼が出しているスキンケア商品は敏感肌用で、化粧水、クレンジングオイル、洗顔フォームの3点を試しています。セラキュア(化粧水)だけでは突っ張ると感じた時は、「天使の美肌水(超しっとり)」で水分をプラスしています。

開始して1週間は、化粧水のさっぱり感が心許なくて、従来のとろみのあるオールインワン化粧水を最後に少量プラスしていました。しかし、2週目にはそれが「重たく」感じるように。

朝も夜もセラキュア+美肌水をコンビ使いして、4ヶ月が過ぎましたが、肌が荒れることもなく順調です。もともと乳液の類は使っていなかったので、スムーズに移行できたのかもしれません。

◆朝洗顔を変えたことの効果
・朝の洗顔タイムが劇的に短縮された
・日中のテカりやメイク崩れが減った
・テカリが減った事で毛穴が目立たなくなった
 (あくまで自分比)
・スキンケアの出費が半減した

今まで、必要な皮脂を石鹸ですっかり取り去っていたのだと思います。そして巷の情報で「保湿」が大事と刷り込まれ続けたため、化粧水を何度も何度も重ねづけしていました。必要な皮脂を石鹸で取り去った上に、しつこい程の保湿、保湿、保湿。この繰り返しが、肌バランスを欠く結果になっていたようです。

新しいスキンケアの減り具合も把握したので、年間予算を計算してみたら、何と今までの半分以外で済みます。(今までが高すぎ)スキンケア予算が半分、かつシンプルなお手入れに転換できれば、お財布にも優しい上に、肌が正常化しそうな期待感があります。

本当は「何もスキンケアをしない」ところまで辿り着きたいのですが、それにはまだ色々とハードルがありそうなので、出来るところから少しずつ実行したいと思います。



# by mikeneisan | 2017-06-19 08:30 | ◇美容・健康 | Comments(8)